NEM流出のコインチェック爆益、営業利益約74倍の537億円で補償を引いても63億円の黒字へ

マネックスグループは26日、16日に買収手続きが完了したコインチェックの2018年3月期財務状況を明らかにした。

本業のもうけを示す営業利益は前年同期の74倍に当たる537億円に達し、今回の流出事件に伴う顧客への補償額を差し引いた最終(当期)損益でも、63億円の黒字を確保した。

資金決済法に基づいて計上された売上高は同63倍の626億円。営業利益率は85%となり、一般企業の平均をはるかにしのぐ結果になった。

ネム流出後、一部の仮想通貨取引を再開しており、2~3月だけでも5億円の営業利益を確保した。

今後、仮想通貨交換業への規制が強化され、必要な対策費がかさむ可能性もある。

マネックスグループの松本大社長兼最高経営責任者(CEO)は「仮想通貨ビジネスの利益率は下がる」と語る一方、「取引のボリュームが増え、絶対額としての利益は(流出前の水準に)戻すことは可能だ」と述べた。

流出事件を巡っては3月、顧客約26万人に約470億円の補償を実施。ただ、一部顧客とは訴訟に発展している。

引用:http://www.sankeibiz.jp/business/news/180427/bse1804270500002-n1.htm

世間の反応


しばらくしたら、またハッカーの出番か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です