日本、実家暮らし独身急増で『超ソロ社会』突入へ

日本、実家暮らし独身急増で『超ソロ社会』突入へ

「実家暮し独身」が30年で3倍超になった理由

未婚化がとまらない――。

日本の未婚化・ソロ社会化が、海外でも多くの注目を集めています。

フランス、カナダ、韓国、中国といった海外メディアで拙著『超ソロ社会』が取り上げられ、私自身が取材を受けることもしばしば。日本以上に「日本の未婚化」に関心があるとさえ感じますが、これは海外でも未婚化の問題が対岸の火事ではないからです。日本のソロ社会化は世界が注目する事件になりつつあるのです。

(中略)

男女とも1980年代は、 親元未婚より単身未婚のほうが多かったのに、 生涯未婚率が急上昇を始めた1990年代から逆転しています。

現在は、男女とも差分で親元未婚が20%程度上回っています。 実数では1980年からの35年で 単身未婚は98万人増であるのに対し、 親元未婚はなんと約3倍の270万人も増えているのです。

特筆すべきは、 親元未婚の比率がずっと右肩上がりであるのに対して、 単身未婚は男女とも 2010年から2015年にかけては下降していることです。 単身未婚率は下がっているのに 全体のアラフォー未婚率が上がっているのは、 親元未婚のせいなのです。

この現象は、アラフォーだけではなく、 その下の若年層(20~34歳)世代でもまったく同様です。

2015年の若年層の親元未婚率は 人口比約47%にまで達しています。 つまり、日本の未婚率を上げた最大要因とは、親元未婚の増加だったと言えます。

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/217206

世間の反応


結局すべてお金なんだ
薄毛もお金で治療出来る時代だよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です